ZERO WEB スタッフブログ

気になった情報や今後の展開など

Entries for the ‘Wordpress’ Category

Wordpressを高速化する18のテクニック

Wordpressを高速化するための18個のテクニックが紹介されていました。
http://www.wpbeginner.com/wp-tutorials/18-useful-tricks-to-speed-up-wordpress-boost-performance/
キャッシュを生成する
WordPressはPHPスクリプトなので全てのページが動的に生成され、その都度ページの読み込みを行わなければいけません。
そこで、WP Super Cacheというプラグインを利用し、ブラウザにキャッシュを残す事でページの読み込みを早くするという物です。
直リンクを禁止する
サーバーの負荷を避ける為、以下の.htaccessを利用して他のサイトやブログから、サイト内の画像への直リンクを禁止する。
#disable hotlinking of images with forbidden or custom image option
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^$
RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^http://(www\.)?yourdomain.com/.*$ [NC]
#RewriteRule \.(gif|jpg)$ %u2013 [F]
#RewriteRule \.(gif|jpg)$ http://www.yourdomain.com/stealingisbad.gif [R,L]
ページをいくつかに分割する
フロントページに表示する内容を制限する
1つの投稿やページに多量の写真があってはページの読み込みが遅くなるので、いくつかの投稿に分割したり、
フロントページに複数の投稿が表示されていた場合には「続きを読む」や「概要」を利用して、表示する内容を制限するとの事。

Leave a Comment

よく聞く言葉たち part.1

ブログやサイトを運営しているとよくよく耳にする言葉。
しかし、何がどういう意味を持つか理解してる方は少ないのでは??
そんな訳でよく耳にするちょっとした言葉を解説してみます。
【トラックバック】
ブログを運営している方なら必ずと言って良い程聞いたことがあるでしょう。
貴方が他の方のブログを参考に記事を書き、『こちらのサイトを参考にさせて頂きました』なんて、リンクを貼った場合。
『リンクを貼らせて頂きました』『記事を参考にさせて頂きました』
と参考にしたサイトの管理者様にお知らせしたい時に役立ちます。
トラックバックとは、別のブログへリンクを貼った際にリンク先の相手に対して、リンクを貼った事を通知する仕組みの事です。
トラックバックされたサイトは、『自分の記事を参照している記事一覧』を自動的に得られる事になります。
相手に参照した事を知らせる通知の事を『トラックバック・ピング』と言い、通知の送信先を『トラックバックURL』と言います。
よくブログのコメント欄付近に『トラックバックURL』と表示されているURLがそれに当たります。
トラックバックを通知する際には、自分の記事のトラックバック送信先にこの『トラックバックURL』入力します。

↑ブログのコメント欄付近にこんな風に表示されています。
【Ping送信】
自分のブログにあらかじめ、Pingの送信先を設定しておくことで、あなたの記事、タイトル、概要、アドレスなど、ブログの更新情報が設定したPingサーバーに登録されるシステムの事を言います。
インターネット上に多数存在するブログ検索サイトは、Pingサーバーの更新情報を元に各サイトの情報を集め、データ化しています。Ping送信をすると、あなたの書いた記事の情報が検索サイトへ送信され、あなたの記事やブログが検索対象となるのです。
Ping送信をしておりくだけで、劇的にアクセス数が増えるといった保証はありませんが、少しでもアクセスアップを目指すのであれば、設定しておくと良いかもしれません。

↑ブログの管理画面でこんな風にPingの送信先を設定できます。
【フィード】
ブログやウェブサイトを閲覧していると、『XML』『RSS』『Atom』などと書かれたリンクやアイコンが設置してるのに気付きます。
これらはどれも、そのサイトの最新の更新情報を伝えてくれる為のデータで、これを使えばわざわざウェブサイトやブログを訪問しなくとも、更新されたかどうかを知らせてくれるのです。
フィードを購読するにはフィードリーダー、ニュースリーダー、RSSリーダーなどと呼ばれる、フィードを購読するための謂わばプレイヤーの様なものが必要です。ネット上には多くのプレイヤーが出回り、その大半は無償版か無償のトライアル版などが用意されています。
フィードリーダーに更新情報を知りたいウェブサイトやブログのフィードを登録しておく事で、ツールがサイトの更新の有無を確認してくれるのです。また、更新されていた場合にはその内容を確認する事もできます。

Leave a Comment

WordpressとMovableType

ちょっと前まで国内で独自ドメインブログを作成するツールというと
圧倒的にMovableTypeが主流でした。
今もそのニーズに衰えは無いのかもしれませんが、
ここ最近ではWordpressの需要が大分高まった様に思います。
以前にもお話しましたが、海外では圧倒的にWordpressの方が需要が高い様です。
今までMovableTypeで運営していたブロガーさん達がWordpressへ乗り換えたなんて話も聞きます。
では、実際にWordpressとMovableTypeって何が違うのでしょうか?
1.無償か有償か
以前にも書きましたが、WordpressはオープンソースのCMSツールですので誰でも無償で利用可能です。
それに比べ、MovableTypeを商用利用する場合、SixApart社とのライセンス契約(¥52,500~)が必要になります。
ライセンスがGPL化されるとの話もありますが、まだまだ完全無償で利用出来るとまではいかない様です。
2.動的か静的か
WordPressはPHPにより動的ページが生成され、Movable Typeはサイトを再構築する事でhtmlの静的ページが生成されます。
以前は動的ページよりも静的ページの方がSEO的にに有利だという認識が強く、Movable Typeが好まれる傾向にありました。
しかし、現在では静的・動的による検索エンジンの影響はそれ程大きくなく、動的ページを生成する事によるデメリットが少ないと考えられる様になってきています。
そうなるとページの生成が静的か動的かはそれ程重要ではなく、
サイトを更新する度に再構築を行うMovableTypeの、
動作が遅い・サーバに負荷ががかる等といった点が嫌煙されている様です。
3.テンプレートのカスタマイズ
WordpressのテーマはPHPによって構成されています。
一方、MovableTypeのテンプレートは独自タグとHTMLで構成されています。
ある程度PHPの知識があれば、どちらも大差無い様に見えますが、
HTMLに然程慣れていない方、PHPなんてサッパリという方には
MovableTypeの方がテンプレートの自由度は高い様に感じるかもしれません。
4.その他
Wordpressは基本的に一回のインストールで一つのブログしか運営出来ません。
(複数ブログを管理するプラグインも存在しますし、複数ブログの様に見せかける手法は存在します)
一方、MovableTypeは一回のインストールで複数ブログを管理する事が可能です。
一つの管理画面でいくつもブログを作成、ブログの管理・更新が出来るのです。
またブログを以降する際、MovableTypeはあらかじめ書き出したバックアップデータのみからインポートが可能なのに対し、Wordpressでは 管理画面より他のblogツールからのインポートが可能です。
MovableTypeでは投稿画面で過去にアップロードした画像のブラウズ機能が無いのに対し、
Wordpressでは画像をサムネイルで表示し、再利用する事が可能です。
ここで挙げたものはほんの一部で他にも相違点は多々あるかと思います。
正直、どちらが優れていて、どちらが便利かは個人の主観にも寄ると思います。
(個人的には断然Wordpressの方が扱い易いですが。。(笑))
利用する用途、運営する環境によって使い分けるなどの工夫が必要ですね。

Leave a Comment

WordPressでお好きなフォントを画像化できます。

タイトルの文字をもっとかっこいいフォントにしたい!
という人にオススメなプラグインです。
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://phpspot.org/blog/archives/2009/02/wordpressttftit.html
これを使えば、wordpressの管理画面から好きなフォントを選んで
画像化することができます。
しかも、簡単なデザインも施せるようです。
これなら、画像編集ソフトいらずですね。

Leave a Comment

WordpressのTheme(テーマ)

Wordpress の特徴の一つとしてTheme(テーマ)があります。
Theme(テーマ)とは要はテンプレートの事。
フリーブログを利用すると数あるデザインの中から好きな物を選べたりしますよね?
それと同様です。様々なデザインの中からお気に入りの物を探せます。
但し、フリーブログと大きく違うのはその種類の豊富さ!!
以前にも書いた様にWordpressはオープンソースで世界中で大勢の人が開発、機能の追加に携わっています。
機能面だけでなく、デザイン性やインターフェースについても同様です。
レイアウトもよくある3カラムの物からちょっと変わった物までほんっとに豊富です。
”Wordpress テーマ”などと検索をかけるとフリーのTheme(テーマ)を配布しているサイトがわんさか出てきます。
 
http://coliss.com/articles/blog/wordpress/802.html
http://www.wpthemesfree.com/
http://wordpress.org/extend/themes/
http://www.designwalker.com/2008/01/wordpress-themes.html
 
↑ホントにホントにホントーーーーーにほんの一部です。
探し出したらキリがありません。
何を選んで良いのかわからない位出てきます。
様々なテンプレートを見てるだけでもデザインやレイアウトの勉強になるんじゃないかって位あります。
手っ取り早く、ブログを立ち上げたい!
国内のブログサービスとは一味違ったデザインのブログにしたい!
そんな方にはピッタリです。
また、Wordpress自体、本来はブログツールとして開発された物ですので、配布されているTheme(テーマ)のほとんどがブログとして利用する為の物です。
しかし、このTheme(テーマ)をカスタマイズする事でコーポレートサイト用のテンプレートを作る事も、プラグインと併せてECサイトの機能を持たせることも出来ます。
(弊社の楽得ウェブもWordpressのTheme(テーマ)をカスタマイズし、お客様オリジナルのサイトを構築するサービスです)
機能面だけでなく、デザインもインターフェースもオリジナル化できる。
使い方次第で様々な可能性を見出せる。
そこがWordpressの魅力の一つでしょう。

Leave a Comment