ZERO WEB スタッフブログ

気になった情報や今後の展開など

Entries for the ‘WEBデザイン’ Category

ランディングページを作る際の注意点

以下のような記事を見つけました。
ランディングページ制作で陥る「3つの症候群」とは?(1/2):MarkeZine(マーケジン)
ランディングページというのは、例えば、ユーザーが「バラ プレゼント」などと検索した場合、これはもう、買うという事が前提ですから、花屋さんはスグに買い物カゴに入れるページを表示させたいわけです。
もし、この花屋が
「1000種類の花が貴方を待っている花屋」
というサイトを運営していたとしたら、その中からバラを見つけるのは大変だとユーザーは感じることでしょう。
しかし、
「プレゼントして喜ばれるバラの種類とラッピング」
というサイトを運営していたら、「おっ」と思うユーザーは増えるわけです。
このように、サイトの中の一部を抜き出して特別にページを作る事をランディングページといいます。
上記はたとえ話ですが、重要なのは、デザインや機能を仕掛ける訳ではないということです。
逆に言うと、下手なデザインで高価なシステムを使わなくても、効果的に人を呼び込むチャンスがあるということです。
ホント困った事に、ウェブ上にはカタカナが多くて大事な事を見落としてしまいますよね。
ランディングページは、なんだか難しそうだし、自分で作るのは難しそうだからと、ついデザイナーに丸投げしてしまいます。
そこは丸投げせずに、デザイナーや進行の方とキチンと相談の上、作り込むのが正解。
ここで質問ですが、以下の二択はどちらが効果的でしょう。
A.キレイな写真と値段だけが載っている、とても美しくデザインされたバラのぺージ
B.写真はキレイじゃないが、店長の写真とコメントがあり、プレゼント方法のアドバイスが書かれたページ
答えはおそらく、Bのページでしょう。
現実には、Bのサイトで情報を得たのち、Aで買い物をする、というような行動かもしれませんが、それでもBの情報は役立ったわけで、次に花を買うときはAよりBを思い出してくれる可能性が高い。
Aというサイトはデザインにこだわり過ぎて、担当者は運営を気にしていない事が多いです。
感覚に頼ってしまい、簡単なアクセス解析やマーケティング分析を怠っていたりするかもしれません。
しかしBのサイトは、担当者が運営にチカラを入れている事が分かるので、デザインに原因があったとしても、「次はモウチョットこうしよう」などと目的を持って、デザインを変更する事ができるのです。
もちろんこのようなケースは一例ですし、出来ればAとBが合わさったページが望ましいです。
ただ、ランディングページというものが、当初の目的から離れてしまってはいけないというメモでした。

Leave a Comment

ホームページの新しい提案

ホームページのレイアウトは、パターン化してきてもう尽きてしまったのかなぁ、と思っていたら!

このレイアウトは、新しいですね。
上段のメニューをクリックしてみてください(たとえばart)。
シンプルですが、驚きのギミックで少し笑えますよ。

Leave a Comment

ナイキのキャンペーンサイト

NIKEFOOTBALL: HOME
最近、夜中(特にスポーツ番組の合間)によく見るNikiのCMが気になっていたのですが、
そのCMと連動したNikeのキャンペーンサイト2009年、NIKEFOOTBALL.COMに
「オンライン・サッカースクール」が開校したらしいです。
講師として登場するのは、一流のサッカー選手。
選手たちが自らのプレーを解説、レクチャーし、実践するための課題まで与えてもらえるとか。
日本、中国、韓国、台湾、香港、タイ、オーストラリアなどの国々を中心に展開しているキャンペーンで、
月に1回更新され、5月までの計4回更新される様です。
更に日本ではターゲットとなる中高生を視野にいれ、モバイルでの展開もされています。
このキャンペーンでの数値的な目標はなく、
「日本で一番のインスピレーションを与えられるサイトである」こと。
子どもたちや選手に「もっとすごいサッカーをしたい!」というインスピレーションを
与えられるブランドでありたいというのが目標だそうです。
Nikiならではと言ってしまえば、それまでですが、
以下に魅力的、他に類を見ないサービスでユーザーを引き込むか、
その実現の為に壮大な企画を成し遂げてしまうところが、流石と言った感じです。
こちらにナイキジャパンのデジタル部門担当者のインタビューも掲載されています。

Leave a Comment

Web2.0風ボタンが一発で出来る無料Photoshopレイヤースタイルいろいろ

何かと面倒なのがボタン作り。
ロールオーバーはどんな風に変えようかとか、ナビゲーションバーはどんな色にしようかとか、それだけで迷ってしまいます。
以下にご紹介するレイヤースタイルをインストールすれば、
Web2.0的なボタンが一発で出来上がり!便利便利。

・Spice up your design with 56 Photoshop layer styles

・Ultimate Web 2.0 Layer Styles

・有名サイトのボタンデザイン21個をPhotoshopのレイヤースタイルファイルにしてみました – DesignWalker

・Photoshopのレイヤースタイルファイルを日本の伝統色で作ってみた – DesignWalker

Photoshop レイヤースタイル集 バナー・文字用CommentsAdd Star – はぶろぐ

Leave a Comment

商用利用可能な写真素材サイト

ウェブ制作にあたり、サイト内で利用する画像を探す事が多々あります。
基本、写真やイラストなどの画像には著作権が発生し、購入しなければいけない場合が多いですが、
中にはハイクオリティーな画像を無償で提供してくれるサイトもあります。
その中でも国内のサイトをいくつかまとめておきます。

2000ピクセル以上のフリー写真素材集
高解像度なフリー写真を無料で利用できるサイト。個人・商用利用ともにフリー。利用は無料・使用連絡不要・著作、クレジット表示不要。

ゆんフリー写真素材集
最大600メガピクセル(デジカメ100枚分)クラスの超高解像度 無料写真素材画像サイトです。この写真素材画像は商用利用、加工を含めてフリー(無料)です。

BEIZ GRAPHICS
著作権フリー(ロイヤリティフリー)の素材を無料でダウンロードできます。個人利用・商用利用・媒体を問わず使用できます。

フリー画像素材EyesPic
解像度画像素材集EyesPicの縮小版サンプル画像をフリー素材として公開。商用利用も含め無料で自由に利用可。画像の加工も自由。

フリー写真素材 Futta.NET
海外旅行等で撮影された写真素材をフリー(無料)で1689枚配布しています。フリー写真としてご利用いただけます。著作権フリー(ロイヤリティフリー)商用可、加工可、リンク不要(フリーウェア)。

高解像度ホームページ無料写真素材集「フリーフォトボックス」
高解像度のホームページ作成写真素材を無料でダウンロードできるサイトです。無料といっても、有料の写真素材顔負けのクオリティ。ホームページやプレゼンテーションのためのちょっとした素材利用になら十分お使いいただけます。

写真素材 足成
アマチュアカメラマンが撮影した写真を、写真素材として無料で提供しています。blogのテンプレートや企業ホームページ、ビジネスサイト構築のイメージカット、またTVシーンでのひとコマなど、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。

Leave a Comment