ZERO WEB スタッフブログ

気になった情報や今後の展開など

Entries for the ‘広告デザイン’ Category

今日の広告

どこでもメモしたいですものね。
実際にあったらいいですね。

非常に美しい看板です。
シンプルで力があります。

これも面白いですね。
広告の域を超えている・・・

こちらは、女性版

水鉄砲の広告です。
子供たちには、夢とロマンがあります。

オーディオブックの広告をバージンレコードが行うと、こうなります。
こちらは白雪姫。

赤ずきんちゃん

ピノキオ。
クリエイティブな広告は、夢を見せてくれますね。

Leave a Comment

JR東日本の新たなる試み – 化粧室鏡面広告

JRといえば、今や山手線の車体広告がお馴染みですが、3月17日より、山手線4駅計8ヶ所で、女性をターゲットとした『化粧室鏡面広告』の展開を始めたそうです。
実施場所は、JR新宿・池袋・秋葉原・有楽町駅の女性用化粧室。
家電量販店が隣接した駅を利用する女性客へ訴求するものとなっています。
※写真の広告はHP(ヒューレット・パッカード)の女性向けノートPCのものです。

期間は2009年3月17日(火)~4月13日(月) だそうです。
トイレの鏡というのは、交通広告の新たな試みです。
女性はトイレに入った後、鏡の前に向かう時間が長いので、広告の効果が見込めるかもしれませんが、場所が場所なだけに、広告媒体を選ばなければならなくなりそうです。
秋葉原駅に降りた女性は一度、トイレに寄って広告を見てみてはいかがでしょうか。

Leave a Comment

クリエイティブなCM集

世界にはクリエイティブなCMが多いです。
早速、見てみましょう!

そしてきわめつけはコレ!

Leave a Comment

デザイン制作に対する姿勢

今からある広告やキャラクターをお見せします。
どれも見た事があるものばかりだと思います。

これらの広告やキャラクターは、全て同じ人が手がけています。
その名は佐野研二郎氏。博報堂所属のアートディレクターです。
あるところで佐野氏のデザインに対する意識・考え・心構えを見つけたので、掲載しておきます。
・「Simple・Clear・Bold」メッセージはシンプル、明快、骨太じゃないと伝わらない。
・にゃんまげを作っていぬまげもあとで作った。が、パンまげは勝手に作られていたw。
・とにかく速く作業する。二段組みにしたかったら違うフォントで6パターン作ってみる。
・理屈で考えないで右脳でとにかく手を動かす。とにかくバンバン作る。その後に説明できるかどうかを考える。
・言語化できないビジュアルは弱い。説明できないものはだめだ。
・「jpgの呪い」クライアントと会わないといいものはできない。データだけのやりとりやメールだけのやりとりだとあとでひっくり返ったり、うまくいかない。少なくともバイク便で送るとかする。
・赤を使うときは金赤。微妙な数値にしない。
・色数を増やさない。→ 綺麗に見える。
・色を使うときは補色関係の色を使う + 白を入れる。補色は色数が多く見える。でもきつくなるから白を入れる。
・「早い話、これなんですよ」というシンプルなものじゃないとだめ。だからアイコンを作ることにこだわる。
・オリエンのときにプレゼンを考える。さらにはオリエンの前にプレゼンの内容を想定してデザインを考えておく。
・どこにでもあるラグマットとどこにでもある道、AとBを組み合わせるとC(道路のデザインのラグマット)になる。面白くする、人が興味を持つのって結構簡単。
・あんまり考えてないんじゃないかなっていうのを本気でプロの力でやると結構パワーが出る。
・頼まれていない仕事をやる。→ あとでつながるから作業が速くなる。
・スピード・右脳・左脳が重要。ミルクレープ状態ですごいスピードでやって、あとで客観的に見る。
作業効率も含めて、デザインに対する真剣な姿勢が垣間見れます。
見習うべき点がたくさんあるので、参考にしてみて下さい。

Leave a Comment

アイディアのあるデザイン2

イケアのバーゲンの広告です。
半額で買えるのではなくて、よりいいモノが買えるという発想です。
ありそうでなかった・・・

音響のメーカーでしょうか。
これもシンプルながらありそうでなかった発想。
アイディアはつきませんね。

かわいらしいので、貼ります。
「旅はみんなで楽しく!」
というメッセージから、
「バスに乗りましょう」
と促します。

日本ではなかなかない、シェルターの広告です。
家は、もろく思ったより壊れているというような(たぶん)キャッチが流れます。
しかし、もろすぎ。

マクドナルドのシャカシャカポテトの広告ですね。
車の揺れを利用して、なかなかうまい。

フロス、つまり糸ようじですね。
フロスでできたハミガキブラシ。
それを宣伝しているのは、歯磨き粉メーカー。。。

一瞬、青と読みませんでしたか?
よく見てください。
色はまぜちゃいかんという、洗剤の広告でした。
それにしてもまだまだ、世界にはアイディアがありますね!

Leave a Comment