SEOについて、非常に分かりやすい図が出ていました。

SEOに関するきわめて重要な4つのインフォグラフィック

最初の図について驚くべき発見は、SEO担当者の業務の大半はSEOの作業ではないという事です。
周囲の人に説明して歩くというのが、主な仕事のようです。
一見、無駄な仕事をしているように思われそうですが、見方を変えると、周囲が納得して、一丸となってSEOに取り組む事がもっとも近道かもしれないので、それはそれでOKかもしれません。

二番目の図を見ると、googleへの登録やwikipediaからのリンクが低効果のようで、驚きました。
metaについては納得。
埋め込み型のウィジェットは、効果的かつ正しい方法なのですね。
バッジを作るのはいいかもしれません。

そして三番目の図が一番身近だと思いますが、要するにユーザーに価値のあるコンテンツを作成することが第一ですよということですね。
キーワードから始めたりするのはナンセンスなわけです。
当然、デザインも一番ではありません。

四番目はあまり関係なさそうです。
こうやってみると、SEOの考え方が見えてきます。
昔からの正攻法がブレなく今も通用するというのは、いいですね。
小手先の技術が多く出てきて、正攻法で勝負する人が少なくなっているので、きちんとしたサイトを作るきっかけになればと思います。