ZERO WEB スタッフブログ

気になった情報や今後の展開など

Wordpressを高速化する18のテクニック

Wordpressを高速化するための18個のテクニックが紹介されていました。

http://www.wpbeginner.com/wp-tutorials/18-useful-tricks-to-speed-up-wordpress-boost-performance/

キャッシュを生成する
WordPressはPHPスクリプトなので全てのページが動的に生成され、その都度ページの読み込みを行わなければいけません。
そこで、
WP Super Cacheというプラグインを利用し、ブラウザにキャッシュを残す事でページの読み込みを早くするという物です。

直リンクを禁止する
サーバーの負荷を避ける為、以下の.htaccessを利用して他のサイトやブログから、サイト内の画像への直リンクを禁止する。

#disable hotlinking of images with forbidden or custom image option
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^$
RewriteCond %{HTTP_REFERER} !^http://(www\.)?yourdomain.com/.*$ [NC]
#RewriteRule \.(gif|jpg)$ %u2013 [F]
#RewriteRule \.(gif|jpg)$ http://www.yourdomain.com/stealingisbad.gif [R,L]

ページをいくつかに分割する
フロントページに表示する内容を制限する

1つの投稿やページに多量の写真があってはページの読み込みが遅くなるので、いくつかの投稿に分割したり、
フロントページに複数の投稿が表示されていた場合には「続きを読む」や「概要」を利用して、表示する内容を制限するとの事。

[Read the rest of this entry...]

ランディングページを作る際の注意点

以下のような記事を見つけました。

ランディングページ制作で陥る「3つの症候群」とは?(1/2):MarkeZine(マーケジン)

ランディングページというのは、例えば、ユーザーが「バラ プレゼント」などと検索した場合、これはもう、買うという事が前提ですから、花屋さんはスグに買い物カゴに入れるページを表示させたいわけです。

もし、この花屋が

「1000種類の花が貴方を待っている花屋」

というサイトを運営していたとしたら、その中からバラを見つけるのは大変だとユーザーは感じることでしょう。

しかし、

「プレゼントして喜ばれるバラの種類とラッピング」

というサイトを運営していたら、「おっ」と思うユーザーは増えるわけです。

このように、サイトの中の一部を抜き出して特別にページを作る事をランディングページといいます。

上記はたとえ話ですが、重要なのは、デザインや機能を仕掛ける訳ではないということです。

逆に言うと、下手なデザインで高価なシステムを使わなくても、効果的に人を呼び込むチャンスがあるということです。

ホント困った事に、ウェブ上にはカタカナが多くて大事な事を見落としてしまいますよね。

ランディングページは、なんだか難しそうだし、自分で作るのは難しそうだからと、ついデザイナーに丸投げしてしまいます。

そこは丸投げせずに、デザイナーや進行の方とキチンと相談の上、作り込むのが正解。

ここで質問ですが、以下の二択はどちらが効果的でしょう。

A.キレイな写真と値段だけが載っている、とても美しくデザインされたバラのぺージ

B.写真はキレイじゃないが、店長の写真とコメントがあり、プレゼント方法のアドバイスが書かれたページ

答えはおそらく、Bのページでしょう。

現実には、Bのサイトで情報を得たのち、Aで買い物をする、というような行動かもしれませんが、それでもBの情報は役立ったわけで、次に花を買うときはAよりBを思い出してくれる可能性が高い。

Aというサイトはデザインにこだわり過ぎて、担当者は運営を気にしていない事が多いです。

感覚に頼ってしまい、簡単なアクセス解析やマーケティング分析を怠っていたりするかもしれません。

しかしBのサイトは、担当者が運営にチカラを入れている事が分かるので、デザインに原因があったとしても、「次はモウチョットこうしよう」などと目的を持って、デザインを変更する事ができるのです。

もちろんこのようなケースは一例ですし、出来ればAとBが合わさったページが望ましいです。

ただ、ランディングページというものが、当初の目的から離れてしまってはいけないというメモでした。

次世代html&CSS

前々からhtml5やCSS3の策定について、話題には上ってますが、
最近、W3Cの策定した規定を訳したサイトやチートシートをよく目にする様な気がします。

WOORK - HTML 5 Cheat Sheet

HTML5とは、W3CがHTML4に代わる次世代のHTMLとして策定中のHTML仕様です。
2008年1月22日にドラフト(草案)が発表されていて、
これまでとは違った新しい要素や属性が多数追加されている様です。

[Read the rest of this entry...]

ヤフーの検索結果が変動しました。

ヤフーの検索結果に変動がありました。

アルゴリズムのアップグレードによるものだそうです。

Yahooスタッフブログ

見たところ、大きな変化があったようなので、もしサイトを持っていたら、調べてみた方がいいですよ。

このサイトによると、外部リンクに頼っているサイトは「下がったかも」という事です。

SEO対策レポート|SEO Measures Report – またまたYahoo!順位大変動!インデックスアップデート直後

オンライン画像加工サービス

Photoshopなどの画像編集ソフト持っていなくても
無料で使える画像加工ソフトやオンラインサービスは多々あります。

Photoshop同様に使える高度な機能を備えたものから
気軽につかえる感覚的な簡易ソフトなどなど。
今回見つけたのは後者のタイプですね。

無料バナー作成工房の写真画像加工編集

メインはバナー作成サービスの様ですが、
写真画像加工編集が簡単な操作で使える機能が備わっています。

[Read the rest of this entry...]